Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨晴海岸

2011 / 04 / 21 Thu

IMGP2565.jpg


立山連邦

おそろしくきれいだ!!

胸の鼓動が速くなる

そんな美しさと

心のくもりが

すぅっと晴れてしまう

そんな美しさ

兼ね備えていますね


あまはらし海岸

晴らすのは雨だけではないようです。



最後は

海水まみれになりながらの撮影


IMGP2450.jpg


次は

蜃気楼と

朝日を撮りに来よう


漁火の素

2011 / 03 / 08 Tue

IMGP2924.jpg


大好きな霧多布岬周辺の

砂浜を走行中

見つけてしまいました。


浜に打ち上げられた

イカ釣り漁船の裸電球(?)

こんなのを見つけると

こんな感じで撮りたくなりますよね。


瀬戸内ひとり

2011 / 02 / 15 Tue

IMGP0744.jpg





連休は罵力屋ツーリングへ行ってきました。

目的地は岡山県下津井にある温泉旅館。



日が傾き始める、一日のうちでもっとも眩しい時間。

旅館のある小さな小さな漁村にむかって

細い細い山道を下ってゆく

シールドは陽光に満ち

寂れた漁港のまちも

この時ばかりは輝きを取り戻す




そんな時

じわりじわりと

心の中に染み出してくる何かを

夏の旅以来だろうか

久々に感じてしまった。



こうなってはもう手遅れ



ひとり、暮れなずむ瀬戸内へと

足を運んでみた。




今走ってきた道

向こう岸には坂出の工場群を目掛けて

夕日に色づく瀬戸内海と雲の隙間を

潜りぬけるかのように橋が掛かっている。


空に溜った雲

水彩絵具が滲んでしまったかのような

淡い色に染まるのも

なんともいえない。


そんな暮れなずむ瀬戸内を

大きな船が往来している。



やっぱり詰まってるね

瀬戸内には。



そんな景色を眺めながら

考えてみた

この感覚久々だったな。なんて

懐かしかった。


でもそれは過去のものではなく

今も生きている。



ほっとした。

よかったよ。



この先にこんな感覚になれることは

なかなか無いかもしれない

でも間違っていなかったよ

信じるべきだとそう思う



そして出逢うべく

もっともっと足を運ばないと。

そんなことを考えてみた






さぁまたまた走行写真いろいろ撮ったので

随時アップしてみようと思います。


あー瀬戸内の夕暮れ

良かったな。



でも欲を言えば

もうちょっと左のローアングルにすれば良かったな

まぁそれもおいおい








船旅

2011 / 01 / 16 Sun

IMGP0389.jpg


船の上で、朝日を待つ。


安いウイスキーを呑みつつ

朝日を待つ。


広い甲板は海の匂いに満ちていて

ひんやりした海風がなんとも心地よい。

肌がベタつくけれど、

この時ばかりは嫌じゃない。


始まりなんだ。

旅が始まるんだ。


船旅でしか感じられない

この感覚。

好きなんだよな。






先日、ある友人が

奄美諸島の島へ向け船に乗りこんだ。

約2日の長い長い船旅だそうだ。

羨ましい。





一日中

酒をのみつつ

本を読んで

飽きたら音楽を聴いて

それも飽きたらひと眠りして

また目を覚まして酒をのむ。



そんな船旅がしたいな。

思いっきり暇な

船旅を楽しみたいな。


頭ん中空っぽにして

海を眺めたい。


そして海を眺めながら

頭の中を整理したい。



あー船旅がしたい。

雲上をゆく

2010 / 12 / 19 Sun

ps-2818 - コピー


なんだか東北が懐かしくなって、

ついつい過去のデータを発掘しては

いじりつつ

あーでもないこーでもないと

粘っているうちに

時間は過ぎてゆくわけで

また今日も遅刻の予感。



写真は岩手。

八幡平アスピーテライン。


-----------------------------------


青春ごっこを今も

続けながら旅の途中

ヘッドライトの光は

手前しか照らさない

真っ暗な道を走る

胸を高ぶらせ走る

目的地はないんだ

帰り道を忘れたよ


----------------------------------



友人にかりたフラカンの深夜高速

なかなか響きますな。


お先真っ暗

後戻りもきかない

追い込まれた今の状況


今まではマイナスにとらえていたけど

これからはプラスに考えますよ。


ここまできたわけだから

もう進むしかないんです。



何十年か先

そうやって道に迷ってる奴に



自分の全うに歩んできた経歴を

自慢げに話し、それじゃだめだと言うのではなく



自分のちゃらんぽらんで、くだらない経歴を

惜しげもなく言いふらし、なんとかなると言いたい。



とりあえず

新卒採用されなかったことで


ちゃらんぽらんで、くだらない経歴作りの

第一歩を踏み出せたわけだ。笑


これでいいじゃないか。





IMGP2796.jpg

プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。