Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内ひとり

2011 / 02 / 15 Tue

IMGP0744.jpg





連休は罵力屋ツーリングへ行ってきました。

目的地は岡山県下津井にある温泉旅館。



日が傾き始める、一日のうちでもっとも眩しい時間。

旅館のある小さな小さな漁村にむかって

細い細い山道を下ってゆく

シールドは陽光に満ち

寂れた漁港のまちも

この時ばかりは輝きを取り戻す




そんな時

じわりじわりと

心の中に染み出してくる何かを

夏の旅以来だろうか

久々に感じてしまった。



こうなってはもう手遅れ



ひとり、暮れなずむ瀬戸内へと

足を運んでみた。




今走ってきた道

向こう岸には坂出の工場群を目掛けて

夕日に色づく瀬戸内海と雲の隙間を

潜りぬけるかのように橋が掛かっている。


空に溜った雲

水彩絵具が滲んでしまったかのような

淡い色に染まるのも

なんともいえない。


そんな暮れなずむ瀬戸内を

大きな船が往来している。



やっぱり詰まってるね

瀬戸内には。



そんな景色を眺めながら

考えてみた

この感覚久々だったな。なんて

懐かしかった。


でもそれは過去のものではなく

今も生きている。



ほっとした。

よかったよ。



この先にこんな感覚になれることは

なかなか無いかもしれない

でも間違っていなかったよ

信じるべきだとそう思う



そして出逢うべく

もっともっと足を運ばないと。

そんなことを考えてみた






さぁまたまた走行写真いろいろ撮ったので

随時アップしてみようと思います。


あー瀬戸内の夕暮れ

良かったな。



でも欲を言えば

もうちょっと左のローアングルにすれば良かったな

まぁそれもおいおい








スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。