Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻屋崎

2010 / 07 / 08 Thu

IMGP2110.jpg


野生の寒立馬が出迎えてくれる岬、尻屋崎。
ここはノハラにとって1番の気に入りの岬だ。

それはなぜかと聞かれれば、必ずこう答えるようにしている。

「それは最果てだから」

最果てと言えば・・・
突端にこだわっているわけではないが

日本最北端・宗谷岬
日本最東端・納沙布岬
本州最北端・大間崎
本州最南端・潮岬

などを訪れた経験がある。

しかしどの突端よりも
本当の意味で「最果て」を感じることができたのは、
ここ尻屋崎だったのかもしれない。


灯台へと続く海沿いの砂利道
過酷な自然をおもわせる荒波
視界を遮るもののない広大な大地
透き通るような青く大きな空
自由に生きる寒立馬の姿

そこには
人間の手から離れた自然の原風景が存在している。

さらに日本のど真ん中に住むノハラにとって
東北はまさに「未知の国」
船で渡れる北海道よりも九州よりも遠い場所なのだ。

そんな場所まで来たという
嬉しさと心細さが入り混じった不思議な感覚に
余計に「最果て」を感じたのかもしれない。

ここは間違いなく
「どこか遠くへ行きたい」という旅の欲求を満たしてくれる場所。
みなさんも是非青森へお立ち寄りの際は訪れてみてください。


あー、また行きたい。。。
今年は行けるだろうか。
いや必ず行こう。
最果てを感じに。


というか、
1年前、今よりさらにヘタクソだった時の写真は
思い入れはあるものの、不満もいっぱい。
もう一度訪れて尻屋崎の写真を撮りたいものだ。




IMGP2132 2

スポンサーサイト

コメント

Secret

新しいブログにコメントありがとうございましたm(__)m



尻屋崎はホント最高ですね!
ゲートをくぐったときのあの高揚感はなかなかほかの場所では味わえないもの…。



最近、また新しいお気に入り開拓してますが
岩手の遠野周辺もなかなかいい感じなんで今夏にでも行ってみてくださいね。
プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。