Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森旅その4 日本で一番好きな漁村と、忘れられないあの半島へ

2013 / 07 / 30 Tue

龍泊ライン

ひじょーに久しぶり
約半年ぶりのブログ

おいおい滞ってまっせお兄さん

とのお叱りのお言葉をいただきまして
久々のブログ更新

お題は昨年夏休みを取って出かけた青森県のお話

ちなみにその4とございますからには
その1~3も当然あるわけで

皆さんの記憶もすでに書棚の隅の埃を拭う感覚であろうと思いますので
参考までに・・・


青森旅その3 ただいま岩木山

青森旅その2 青い池と仏様

青森旅その1 命名寝不足航路と謎の風車群


IMGP6088のコピー


さてさてトップの超有名どころ
龍泊ラインの話はさておいて

その登り切った天空の路の話
もさておいて

さておいてさておいたあたりに
ノハラの日本で一番好きな漁村があるわけです。

IMGP6201.jpg

IMGP6245.jpg

IMGP6161.jpg


「最果て」という言葉、たまに耳にしますよね
北海道最果て宗谷岬?さらに最果て礼文島?
はたまた行ったことありませんが与那国島?波照間島?

もし「日本の最果て」というちょっとした意味合いを持たせるとすれば
その最果ては、この青森の地にあるのではないかと、そうボクは思うのです。

京を都に構え、あるいは東を都に構えたときでさえ
その流行り廃りの終着地は、海を隔てた別の場所よりもきっと
この地に色濃く残っているんじゃぁないでしょうか

そして現代にも尚
フェリーや飛行機でワープできてしまうあの地よりも
陸路の最果てを感じさせてくれるこの地に
愛着を感じずにはいられません。

IMGP6238.jpg


龍泊ライン


津軽半島をぐるっとまわり
青森市近辺まで人の気配を感じに赴けば
どこかほっとする
人の生活と他愛もない会話が
耳にかすかにきこえるそんな場面もほっとさせてくれます

IMGP4592.jpg

IMGP6285.jpg



そして再び北上し
あの下北半島へ


実はここ下北半島は
初めての北海道・東北旅をした大学3年の夏以来
なんとまだ2度目の来訪

まだ

というのは、実は東北大好き人間のボク
年に3・4回は必ず東北へ行くという
もはや東京かぶれならぬ東北かぶれ気味な
若干25歳なのですが

そんなノハラでさえ下北は2回目
いかに遠く険しい道のりかは、訪れたひとのみぞ知るそんな場所なのです。


IMGP6382.jpg


もっともオススメは、北海道からの玄関口
大間崎から佐井村を経由し脇野沢へと抜ける海峡ライン


国道でありながら超タイトなつづら折れのほぼ展望も望めない道

これがまた、北海道の平坦でまっすぐで退屈な道をいやというほど、
居眠り運転をするほど、さらには寝返りすらうつまでに成長した暁には

きっと心惑わす日本の原風景にこころ打たれることでしょう

と、紹介しつつ今回は時間の関係上パスルートに。
それほど時間、かかります。


IMGP6340.jpg

IMGP4721.jpg

さてさて今回再び訪れた恐山
世の中には、呪縛霊だか、背後霊だか、菊川霊だか
いろんな霊が見えるひともおりますが

そんな霊感の強いひとに
「あなたには霊を跳ね返す力がある!!!!!」
とまで言わしめたノハラでさえ

この恐山には、なにかおどおろおどろしさというべきか
口に出せはたちまちぴーひょろろと
空也像のように仏様の代わりに怨霊でもぴーひょろろしそうな
そんな気分になるわけで

そんな暗く暗雲とした空気の立ち込める
恐山に、一瞬の光が見えたときにはもう
果てしなく自由の女神さまがぴーひょろろするわけであります。



そんな恐山へ近づくにつれ
雲行きが怪しくなる下北半島
演出が過剰になってきた勢いで
国設薬研キャンプ場で一人キャンプをすることになるも

自分意外はほぼ9割外国人の
謎のキャンプ場。外国人の旦那持つ奥さん(日本人)にちょいと話しかけてみたところ

みなさま三沢基地に駐屯する米兵とのこと

あーなるほどと河童の湯で汗をぬぐった後
北海道からやってきたチャリダ―横目に

日本で最も好きな岬
尻屋崎に向かうのでした


IMGP6427のコピー


文章長くなったので
今回はこの辺で。。。。

尻屋崎は、ほんとは教えたくない取っておきの場所

なのですが、今回はお馬さんはいませんでした。。。。。



さて次回のさざえさんは

青森・八戸飲み歩き、の巻



とちびまる子ちゃんとごっちゃになったあたりで
お暇するといたしましょう
毎度適当な文章でごめんないさい。。。。

キャプチャ
スポンサーサイト
プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。