Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとっての写真って

2011 / 01 / 31 Mon

IMGP5412.jpg


最近、写真を撮っていない。

写真を始めたころは、
どこへ行く時もカメラを持ち歩いていたし
どんな些細なものでも被写体になっていた。

それは「写真に対する気持ちが薄れた」
というわけではないのだけれど、


確かに機材が重くなったから
という言い訳も混じっているのかもしれないけれど

いい意味で「気持ちが落ち着いた」
という事なのかもしれない。



写真って難しい。

ある程度の技術の差は生まれるものの
同じ風景を同じように撮ったら
誰もが同じ写真を撮ることになってしまう。

違いが出るのは



視点の違いであったり

出逢う力だったり



そんなところじゃないかな。



一つの被写体を
違った視点から捉えてみる

撮影会に行った人達の写真を見てみると

同じような写真だけれど
うまいなって思う人の写真はやっぱり違う。


でも、限界はある。
視点を変えてみても
やっぱりそれは日常に溢れているもの。


写真を始めたきっかけが「旅」だったボクにとって

写真にはやっぱり「出逢い」が欲しい。


これはいい被写体になるかも。
どうやって撮ったらいい写真になるかな。

なんて考える余地が無いくらいの
美しい風景に出逢いたい。


有無を言わせぬその風景に
感動するがままにシャッターを切りたい。


夏の北海道には、
そのチャンスが沢山転がっていた気がする。


でも最近の自分はだめだ
自分の足で動くことができていない

美しいものに
出逢う以前の問題。


これじゃあ、だめだ
もっともっと足を運ばないと。







最近、こんな雑誌にハマっています

51uAIW5gyWL.jpg

意味が分からない写真ってのは

こういうものなのかもしれない。

いやほんと

意味がわからん。笑

問答無用の美しさ。あります。



そして意味がわからないこの雑誌の価格。

2,100円は貧乏人にはつらい出費。





最近、

トイカメラ風とか

セピア風とか


普通の写真でも、

現実にはあり得ない

色とか濃淡で綺麗に見せている写真

よく目にします。


その技術も一つ学ぶべきものですが

なんといいますか

小手先の技術に捉われない

写真を目指していきたいと

そう思う今日この頃。


まぁデジタルカメラを使っている時点で

そんなこと言う資格はありませんが、

大目に見てやってください。


うーむ、フィルムにも挑戦したいところ。









スポンサーサイト
プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。