Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展を終えて。

2010 / 12 / 30 Thu

IMGP5212 - コピー - コピー


IMGP9223.jpg



12月26日

野原淳平写真展「霧中」が無事終了!


えー、感想を述べますと。。。


もう!

ただただ楽しかった。

結局、いろいろ考えたけれど

詰まるところは、これなのです。





オートバイに乗り始めて4年

旅を始めて3年

写真を始めて2年

写真家を志して1年




「オートバイと旅と写真」





大学の4年間、何があっても、これだけは貫き通してきた!

なんて偉そうなことは言えません。




いくつもの現実と向き合った末

結局これだけは諦めきれずに

悩みに悩み、悩み過ぎた結果

こうして、ずるずると引きずってきただけなのだろう。




今までは、現実を受け入れられない自分に

情けなさを感じたし、自信も無くしていくばかりだった。




いつまでこんな事をしているのか。

就活しなくていいのか。

自分のやりたい事って一体何なんだ。




でも、自分の心は知っていたんだと思う。

自分の本当にやりたいことが、何であるかを。






写真展は

自分が今までやってきたこと

自分がこれからやっていきたいことを

アピールするには絶好の機会でした。


自分の存在を、自分のやりたい事を

多くの人に知ってもらいたい。

そんな思いで開催するに至りました。





でも、本当に楽しかったのは、

自分をアピールできたことではなく。




こんな自分のもとにも

人が集まってくれたこと。




オートバイを通じて

旅を通じて

写真を通じて

カモノセを通じて

はおとを通じて

罵力屋を通じて

大学生活を通じて


今までいろんな出逢いがありました。



大学生という身分から完全に逸脱した生活を送ってきた僕ですけれど

そのせいと言いましょうか、

そのおかげと言いましょうか。

本当に沢山の人に出逢えたと思うのです。



年齢だっていろいろ。

職業だっていろいろ。

ものの考え方もいろいろ。




いろんな人に出逢いすぎたせいで、

僕は完全に迷宮に迷い込んだわけです。笑










今まで出逢ってきたみなさん。

いいですか。

ちゃんと責任をとってくださいね。笑




あなたと出逢ったことで

今の自分が作られているわけですから。


みなさんは、

いわば、僕の一部分なのです。







そんな人たちと

再会をして、話すことができる。


こんな楽しいことはありません!!!






あーあの時こうだったよなとか。

この時こんなバカやってたよなとか

そんな他愛もない話をしていると




今の自分のパーツがどうやって作られたのかを覗き見しているようで

なんともおかしくて、ついついニヤニヤと。笑







出逢いって僕は好きです。


でも、

「出逢いの旅」ってのはあまり好きじゃない。


出逢いを求める旅なんてしたくない。



旅はいつもひとりぼっちで

自分と向き合う旅をしたい。



でも、そんな旅だからこそ

偶然の出逢いは、この上なく嬉しいし。

限られた出逢いであるからこそ、大切にできると思う。




そんな気持ちもあり

今回の写真展もありで、



今までの出逢いというものを

もっともっと大切にしていこうと

そんな事を思いました。




これが写真展の成果です。笑







そりゃあね、

写真の腕には不満ばかりですよ。

展示する写真を選んでいる時も

自分の写真がしょぼすぎて、発狂しそうでしたよ。


でもその中でも

自分らしいものを選びました。


写真の腕なんてものはこれから身に付ければいいのです。

今回は方向性の確認ということで、

勘弁してやってください。笑




次回作に期待を!!







最後に、

写真展を開催するにあたり

こんなしょーもない自分を、後押ししてくれた、しっぽ。

そして、

あたたかく見守ってくれた、ジンさん、ヒロエさん。

そしてそして

写真展を見に来てくれた、みなさん。

本当にありがとうございました!






また来年も、どこかで写真展。

開けたらなと思います。

今回お会いできなかったみなさん。

来年こそはお会いしましょうね!!!







IMGP5889.jpg



IMGP5900.jpg



写真は、北海道から帰ってくる、フェリーでのひとコマ。

旅の終わりの切なさと。

写真展を終えたときの寂しさ。

なんだか似たものを感じました。
スポンサーサイト
プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。