Sukimakaze メインイメージ

スポンサーサイト

-- / -- / -- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計とカメラ 珈琲にジャズ 緑の館

2012 / 10 / 25 Thu

IMGP7441のコピー


素晴らしい喫茶店教えてもらいました


古びた時計と

いつかのカメラと

自家焙煎の香りと

ジャズのテンポが心地よい喫茶店



とてもいい香りがするんですよ

古臭いもののいいニオイも

ついつい鼻をくんくんならしてしまう



高山から1時間

せせらぎを通って1時間半

ここは岐阜県下呂市萩原にある「緑の館

冬の間入り浸る覚悟です







そういや最近読んだ小川洋子さんの「薬指の標本

こんなに読み進めるのが勿体ないと思う小説は初めてでした

文字の隅々まですべて征服してしまいたい感情に襲われて

終始穏やかではありませんでしたね、好きな本です











IMGP7459のコピー



IMGP7469.jpg



IMGP7462のコピー



IMGP7493.jpg
スポンサーサイト

珈琲焙煎計画その1、大失敗なり

2012 / 05 / 31 Thu

IMGP9995.jpg


あさ目が覚めると
テントの外ではすでに出発の支度をする音が聞こえる

そんな堅実ライダーを横目に
寝坊助はボロボロのガソリンストーブにポンピングをはじめる

蒸気機関の音のような
シュッシュッシュとという音

湯が沸くまでのもどかしい時間は
お気に入りの豆をミル挽きする時間に充てる

もちろん手動だから腕は疲れるけれど
それでもそのひと手間は休日の朝にしかできない楽しみだ


堅実ライダーが今日の目的地をめざし
キャンプ場を出発するころ

寝坊助だけの至極のひとときがやっとやってくる


淹れたての珈琲を啜りながら
閑散とした野営地をぼうっとながめ

煙をぷかーっと空にはきだす

ひんやりした風に乗り
ゆらゆらとたなびくその軌跡を頭をからっぽにして眺める。


そんなのんびりとしたキャンプの朝

おかげで1日の走行距離が100kmを超すことのない
ダメライダーになてしまったけれど

これがなきゃ始まらない
それが珈琲ではないのかね






IMGP9791.jpg




今回は、キャンプではじめての珈琲焙煎を決行
しかーし、案の定大失敗!!
はくほどまずい珈琲ができましたとさ。

ちょっくらホムセン探索を再開して
焙煎道具を工作してみます

焙煎機で焙煎するようなシロモノは
おそらく無理かもしれないけれど
まぁいいよね
自己満ですから

でも、いつか野営焙煎屋ができたら
かっくいいだろうな
へへへ




sss_20120530231458.jpg

氷点下の森

2012 / 02 / 12 Sun

IMGP0370.jpg


たまには

たかやま

たっぷり

たんのう



のはずが

氷点下の森

寒すぎ

路面は全面凍結

歩いてくると

足の裏からじわじわ凍みてくる



そう高山の人は

「凍みる=しみる」

って日常会話でつかうんですよね

今日は凍みるなぁって

雪国ならではのコトバですよね




あ、

唯一わくわくしたのは

なんと、みなもちゃん登場!!

ぎふ清流国体のマスコットキャラクター

かわゆいのぉぉ









IMGP0440.jpg










「日光いろは坂」と「パンダ〇○〇〇」

2012 / 01 / 21 Sat

IMGP9932.jpg


先日

イニシャルD 44巻を買いました


思い起こせば

小学3年生からイニシャルDを読むという

オタクっぷり


家の前の小さなヘアピンを

マウンテンバイクで爆走していた小学5年生は

侵入速度どラインを意識しつつ

慣性ドリフトの真似事をしていたような




そんなオタク少年を

くぎづけにしたあのシーン


それは


日光いろは坂の

大蛇のごとくうねるヘアピンを



MR2とパンダトレノの2台が

ショートカットジャンプしてゆくシーンだった




いつかあのいろは坂を・・・

と思い続けてはや10年




ようやく念願のあの道を走ることができました



レンタした借り物スイフトで恐る恐る攻めていると・・・・



あいつがやってきた!!!



白と黒のツートンカラーのあいつが








IMGP9935.jpg




しかし


よーく見ると


パンダトレノならぬ



ただの


パンダニャンコでしたとさ

ちゃんちゃん

ぼくのベンベ

2011 / 10 / 29 Sat

IMGP8487_filtered.jpg



BMW R100RS


大きなカウルの中で

奏でられる音たち


小気味のいい音ばかりじゃない

不快な音もある

走っていると

どんどん不安になる音もあるし

だんだんイライラしてくる音もある



それでもさ

大きなカウルの中に

体をすっぽり収めていると

いい音も

不快な音も

水平方向の振動に

いい具合にまじりあうのがわかる



まるで路地裏の喫茶店から

かすかに聞こえてくる

JAZZのセッションのような

そんなささやかな音色



風を全身で受けて走るのが

ほんとうのバイクかもしれないけれど

この不思議な空間は

特別だ




ぼくのベンべ

いとしのベンベ
















プロフィール

野原淳平

Author:野原淳平
-------------------------
本当は60年代に
生まれたかった24歳未熟者

70~80年代のものが大好き

旅とオートバイと写真に励み
猫と酒とキャンプにうつつを抜かす

貧乏暇なしにあこがれる
意外と暇な貧乏人です




カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。